和紙の名刺

2013.11.12 0:05

手漉きの耳つき和紙に、明朝体4号で「器」。6号で名前や連絡先を組みました。
和紙は活版ととても相性がよく、インクがきれいにのります。ふんわりと厚みがあって、優しい凹凸も出ます。
この方は山中塗りの作家さんで、2週間後に作品を発表する機会があり、それにあわせて名刺を、とご依頼頂きました。気合の入った素敵な名刺になったので、ご紹介いたしました。

20131112-000527.jpg

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

  |