弊社封筒

2019.7.21 13:29

 

 

 

ずっとやりたかった、字体を混ぜての組版。『論語』の「和して同ぜず」や、多様性のある社会が私の理想なのですが、そんな気持ちも込めての自社封筒です。

 

これはあっちの棚、次はこちらの文選箱と色んな字体を混ぜて組んでみるも、最初はどこか違和感があります。そこから入れ替え、印刷し、位置調整を何度もやって、ごちゃごちゃながらも統一感(?)を探っていく。これとこれは隣には合わないな…と思っても、少し感覚を開けたり上下させたりするとしっくりくる事もあります。なんだか人間関係と同じですね。

 

郵便番号は6号活字、他の行は違うサイズの活字を詰め物で調整しながら組んでいます。

 

こんな感じで、名刺作成もできます(通常の組版+別途料金頂きます)。

 

こんな作風ができるのも師匠から受け継いだ古い活字あってこそ。フォント名も分からない活字達が生き生きしている気がします。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

  |